カテゴリー別アーカイブ: 未分類

偉大なる先達 その2

そして、万太郎を応援する、朝痴新聞論説委員・色王康晴先生の登場。「美味しんぼ」でいうところの海原雄山に当たるキャラですが、この漫画の中では主人公との対立とかはありません。モットーは、

「新聞はこのような社会の窓です社会の窓の中にはペニスがあります」「我々はその性器を持つ読者に」

偉大なる先達

今からもう27年前に出た、昭和六十一年・三月三十一日発行週刊アサヒ芸能増刊「絶頂ギャグ激画・ふーぞくグルメ」

著者は「怪人アッカーマン」「ビッグマグナム黒岩先生」、そして「静かなるドン」の新田たつお先生。

主人公の名前は大山万太郎。新田作品では定番のメガネで小太りの中年男。職業はアサヒ芸能専属風俗ライター。途中から設定が、朝痴新聞記者に変更されています。

この万太郎が、ソープ、ファッションマッサージ、イメクラ、SMクラブ、乱交パーティー、テレホンクラブ、ホテトル、ちょんの間と、様々な風俗を取材し、それを漫画にしたのがこの作品なのです。取材しているのは実在しているお店が多く、情報漫画としても役に立ちます。

そう、察しのいい方はもうお気づきでしょう。この「オタクのための風俗ガイド」は新田先生の「ふーぞくグルメ」へのリスペクトなのです。風俗を紹介するのに、漫画化というのが極めて相性がよい…ということを私はこの本から学びましたから。

話の本筋に戻しましょう。

取材と漫画を分けてやっているのか、それとも新田先生が取材からやっているのか、紙面からはわからないんですけど、外人だけのソープに行って、アメリカ人の風俗嬢に挿入したときに、「おっ!入れた感触は日本嬢のと変わらんやないの」「ルイジアナ娘は日本嬢と類似穴」と脳内変換するようになってしまいました。

さて「ふーぞくグルメ」は当時流行っていた「美味しんぼ」のパロディ色が濃く(おいしんぼに対してイヤラしんぼ)、中盤から万太郎も究極のメニューならぬ、究極の快楽を求めての取材が多くなります。

 

ババを引いた話 その4

けどダメなんだよねー。もうあそこがスカスカで、全然気持ちよくない。これは射精までは至らないなぁ~と思った私は、気を遣って「あー、今日は疲れてるからダメみたい」と言ってSEXを早めに終わらせました。

余った時間で相手のことを聞いてみると、普段はバーのマダムをやっていて、お店終わって深夜になってからこのバイトをやってるそうだ。

「それじゃ、お店に通ってる、ママとヤリたい常連客は、このバイトでなら抱けるって知ったら驚きますよね」

「そうでしょうね。うふっ」

教訓:裏風俗は危険領域

最後は名古屋、一部では有名な納谷橋の話。

納屋橋のラブホテル街には、街頭に立つヨーロッパ、中南米、アジアなどの娼婦がわんさかいて、それを目当てとした客たちでごったがえすほどで、名古屋の一大風俗街と化しているとか。

立ちんぼのいいところは、ヘルスやソープにはない「完全顔見せ」であるということ。

それを聞いた私、名古屋に用事があった際に、もちろん深夜の納屋橋を見に行ってきましたよ!

いねぇ…。

立ちんぼどころか、人っ子一人いやしねい。

聞けば、前の週に警察の一斉摘発があり、全員逮捕されてしまったのこと。

教訓:裏情報は信じるな

ババを引いた話 その3

これが私のSEXした女性の最高年齢だったんですが、哀しい事に2003年に記録更新してしまいました。

その頃、私はソープランドやファッションヘルスには飽きたらず、もっぱら裏風俗に興味が向いていました。

で、そんな中、興味を引いたのが「深夜、博多の中洲の公園に青色の車が止まっている。

その運転手と交渉するとJKとヤレる」という噂。

ちょうど博多に行く機会があったので、深夜、泊まっているホテルを抜け出して、その公園に行ってみました。

確かに車は止まっていました。運転手に話しかけてみると噂どおりに女の子を紹介してくれるとのこと。料金2万円。

すると歩いて10分くらいの日本旅館に案内され、薄暗い障子張りの個室に入り、ここで待っているように指示。

すると待ち時間も無く、すぐに女の子がやって来ました。

いや、女の子と違う。

なんと70代になろうかというおばあさん。

証明を薄暗くしてごまかそうと思ってるんだろうけど、肌を触るとわかる。老人の肌だ。

なんかもうJKとかどうでも良くなってきちゃって、お年寄りにこんなことをさせて申し訳ない…という気持ちになっちゃいました。

でもやった。一応は。

ババを引いた話 その2

「女子大生」という単語のピーンと脳のツボを押されてしまったわけですな。料金は2万円ということで話はまとまり、近くにあるレンタルルームに案内されました。「ここで待ってれば女の子来ますから~」と客引きの兄ちゃんは去り、待つこと10分。

来ました! ???

最初は受付のおばさんが入ってきたと思ったのですが、違いました。「なんもなんも」と北海道弁で話す40~50代くらいのガハハオバチャン。どこが女子大生やねん。

これが今夜の私の相手ですか!

あまりの出来事に怒るより絶望的な気分となり、さすがにこのガハハオバチャンとSEXするのは嫌なので、せめて手コキとフェラで済ませられないかなぁと思い「あの~おねいさん(気を浸かって)とは、どこまでできるんでしょう」と聞いたら「最後までよぅ、うふぅ」と更に絶望的な答えが。

結論から言いましょう。やりました、このガハハオバチャンと!

つくづくあの頃は若かったんだなぁと思います。今じゃ絶対勃たない!

教訓:客引きには絶対付いて行くな!!