偉大なる先達

今からもう27年前に出た、昭和六十一年・三月三十一日発行週刊アサヒ芸能増刊「絶頂ギャグ激画・ふーぞくグルメ」

著者は「怪人アッカーマン」「ビッグマグナム黒岩先生」、そして「静かなるドン」の新田たつお先生。

主人公の名前は大山万太郎。新田作品では定番のメガネで小太りの中年男。職業はアサヒ芸能専属風俗ライター。途中から設定が、朝痴新聞記者に変更されています。

この万太郎が、ソープ、ファッションマッサージ、イメクラ、SMクラブ、乱交パーティー、テレホンクラブ、ホテトル、ちょんの間と、様々な風俗を取材し、それを漫画にしたのがこの作品なのです。取材しているのは実在しているお店が多く、情報漫画としても役に立ちます。

そう、察しのいい方はもうお気づきでしょう。この「オタクのための風俗ガイド」は新田先生の「ふーぞくグルメ」へのリスペクトなのです。風俗を紹介するのに、漫画化というのが極めて相性がよい…ということを私はこの本から学びましたから。

話の本筋に戻しましょう。

取材と漫画を分けてやっているのか、それとも新田先生が取材からやっているのか、紙面からはわからないんですけど、外人だけのソープに行って、アメリカ人の風俗嬢に挿入したときに、「おっ!入れた感触は日本嬢のと変わらんやないの」「ルイジアナ娘は日本嬢と類似穴」と脳内変換するようになってしまいました。

さて「ふーぞくグルメ」は当時流行っていた「美味しんぼ」のパロディ色が濃く(おいしんぼに対してイヤラしんぼ)、中盤から万太郎も究極のメニューならぬ、究極の快楽を求めての取材が多くなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です